好きなものだけ

本、漫画の感想。等々。

「コペルニクスの呼吸」70年代、パリ、サーカス

 

 

タイトルの三要素に惹かれて買いました。

 

コペルニクスの呼吸」中村明日美子

 

「同級生」の映画で中村先生を知った新参者です。(ダ・ヴィンチで紹介されていた「ウツボラ」は気になっていたけれど作家さんまで確認してなかった…後悔。)

 

あらすじ

舞台は70年代のパリ。団員を売春させて生計を立てているサーカス一座。そのサーカス団にピエロとして所属していたトリノスはある出来事をきっかけにサーカスから逃げ出し、客の一人である日本の外交官オオナギのもとで暮らしはじめる。

 

<以下ネタバレ注意>

全二巻で完結です。空中ブランコの相方であった弟の墜落死のトラウマやそれを生々しく甦らせたプリマの墜落。主人公を買ったオオナギとその妻の歪んだ関係もろもろ…。一巻目はひたすら陰鬱で、主人公の人生においての下り坂です。

けれど二巻目は「飛べなくなった」トリノスが再び信念をもってサーカスに戻るまでが描かれています。

物語の後半、サーカスの団長であるオーギュストとトリノスの会話シーン。オーギュストの一言で今まで欝々としていた世界がやっと前に進みだす。

トリノスの自分と弟の関係性の理屈付けをオーギュストが一蹴し、真理を言い放ったその瞬間はもう鳥肌ものでした。

その帰り道でのトリノスと弟の亡霊との別れのシーンといい…素晴らしい作品でした。

 

かなりハードエログロ描写や、絵柄の独特さで好みは分かれると思いますが、良作の映画を一本見終わったような満足感に浸れる作品です。

(追記)作品中にたびたびでる詩が本当に素敵です。

 

コペルニクスの呼吸 (2) (F×COMICS)

コペルニクスの呼吸 (2) (F×COMICS)

 

 

 

コペルニクスの呼吸 (1) (F×COMICS)

コペルニクスの呼吸 (1) (F×COMICS)

 

 

 

 

 

 

 

「私の消滅」 精神科医の復讐方法

 

初っ端に何を書こうか迷ったので、とりあえず今読み終えた小説の感想を。

 

「私の消滅」中村文則

 

中村文則は家庭内の事情で一番人間不信になっていた時期に出会ってしまってドはまりした作家です。

ほんとうにこういう小説があったからどうにかここまで来れたような気がします。

今では自分にとっての精神安定剤です。

 

冒頭の引用を。

「このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない。」

単純に「ずるいなあ(笑)」と思いました。

こんな文句ではじっまたら読まずにはいられないじゃあないですか。

 

あらすじは、ある精神科医の復讐の一部始終、としか書けませんが期待通りの面白さでした。

「私が私である証拠はいったいどこに存在するのだろう」

と、私という観念の固定性を壊してくれる内容の小説が大好物なのですが、やはり彼は上手いですね。

題名に記された「私」とは一体だれなのか。徐々に明かされていく。それと並行して物語の外にいるはずの「私」が揺らぎ、消滅していく…。

 

「教団X」、「あなたが消えた夜に」と、ぶ厚い作品が続きましたが「私の消滅」はページ数はその半分くらい。手に取りやすいボリューム&物語の引き込み力で一気読み必至です。

 

余談)読み始める前は表紙のイラストに何が描いてあるのかパッと見分かりませんでした。今はちゃんと分かる?

 

私の消滅

私の消滅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログについて。

 

自分の頭の整理として書いていこうと思っております。

 

私…趣味は本、漫画&アニメ、映画、猫です。すべておうちで完結です。

  上記の感想とか日記を書きます。

 

みんと…10才の雌猫。饅頭顔のロシアンブルー。しじみが嫌い。

しじみ…1才に満たない雄猫。メインクーン。みんとが大好き。

 

猫と共にぐだぐだ生きています。